Header image
   ▼ホーチミンとブンタウを2008年12月クリスマスを前に旅行しました。新しいカメラを片手にベトナムの暮らしを少しのぞいてみました。
HomeIndex 戻る
     


公園の風景
α900の樹木の立体感がある画像に注目、ノイズはやはり目につきますが、フイルム写真のような雰囲気です。
拡大写真



レストランの食事
ストロボなしでオートホワイトバランス
拡大写真



統一会堂前の学生
カラフルなバイク.
拡大写真



統一会堂裏の商店街
ほとんどが中国製の偽コピーブランドです.
拡大写真



中華レストラン前の女性、 きれいな中国服で笑顔を振りまいています。
拡大写真

 

撮影メモ


 このページの写真は、全てα900で撮影しています。

レンズ ミノルタAF28-70G
コニカミノルタAF17-35
2本で撮影しました

 


 

 
 
ベトナムのフランスパン

 
  ベトナムではフランスパンをよく見かけます。そしてとてもおいしい国です。
 かつて、フランスの統治下でフランスパンが浸透したのでしょう。ベトナムのフランスパンはわたしたちが食べなれている日本のものとはちがい、皮が薄くでサクッとした食感でした。また値段が安く、いろいろなものをはさんで食べます。

公園の写真

 
 ホーチミン、学生時代、まだベトナム戦争の最中だった。ホーチミンは北ベトナムの象徴、いまだに公園の看板に使用されていることに懐かしさを感じました。Wikiで調べると下記のエピソードがありました。

 「1950年に極秘にソ連を訪問したホー・チ・ミンは、スターリンに会った。感激したホー・チ・ミンは、フランスでは誰もがそうするように、スターリンにサインを求めた。スターリンは差し出された『ソ連邦の建設』という雑誌にしぶしぶサインをしたものの、人間不信からただちにこれを後悔し、秘密警察に命じて雑誌を秘密裏に回収させた。のちにスターリンはよく笑いながら、「ヤツはまだあの雑誌を探しているか。見つけることはできんぞ。」と嘲笑のネタにしていたという。フルシチョフは自伝記の中で、「純粋で共産主義的な人物にひどい接し方をしたものだ。」とスターリンの行為を批判している。」

小学校

学校の前の風景 下校時間がまじか、バイクは子供達の迎えにきた人達であろう。


小学校前の屋台?

 
 アジアでは学校前に子供達を対象にした屋台がたくさんある。登校時の朝食、下校時の昼食はここでとる。こんな雰囲気がほっとする。


統一会堂

 南ベトナム時代の大統領官邸、この日はあいにくの休館日であった。かつての戦争時の基地としてここに北ベトナムの戦車が突入して戦争が終結した。

 
写真はクリックすると拡大します
(2016×1344ピクセル)
 
戦争博物館
   
 
 


ガトリング砲がヘリコプターに.
拡大写真


赤いシャツの高校生がベトナム
戦争を学んでいました。.
拡大写真
 
 

 
戦争を学ぶ高校生
 


学ぶ姿は、やはり若い高校生.
拡大写真


かつて目にした残酷な写真
しかし撮影したのも米軍の
従軍写真家であることが
皮肉に見える
拡大写真

 
 
 


細長い国土、カンボジア、ラオス、タイ.
拡大写真


銃器の展示.
ロシア製のマシンガン
拡大写真

 
一般観覧者
 


残虐な写真展示.
拡大写真