WhyThailand?

WhyKohsamui  Japanese only

Go Samui
Samui Day 1  
Samui Day 2
Samui Day 3
Samui Day4-1  
Samui Day4-2
Last Day 5
GoodByeDay  Japanese and English

FullMoonParty

Koh PhaNgan

Full MoonParty

The episode 1
The episode 2
The episode 3
The episode 4
The episode 5
The episode 6
The episode 7
Thai English Japanese and English

CopySoft
Thai Japanese only

My body falls together with music TRANS by Full Moon Party

和太鼓とトランス音楽

 かつて私が小さかったころ、お祭りの太鼓の音に心を奪われたことがありました。単純なリズムで大きな腹に響く音響は、その中に心臓の鼓動と呼吸までを合わせて高鳴る躍動に酔いしれたことが思い出されます。その後、中学生時代は、ビートルズ、ベンチャーズなどのエレキサウンドの時代になっていきます。ベースの低音とバスドラムの衝撃音が現実を忘れる陶酔感を与えてくれました。

I had ever had a heart deprived by the sound of the drum being deified when I am little before.
I have the sound which affects a big stomach by the simple rhythm remembered that heart even beat even breathing fit fast beat energy intoxicate .

 After that, middle school days become the ages of electoricsound such as beatles.

The low tone of the base and the impact noise of the bus drum gave me a forgotten feeling of intoxication the reality.

 

その後、ベトナム反戦、学生運動、ディスコ、自由、ジョンレノン、インド音楽、サイケデリックサウンド、ジャズと私の世代に刺激的な情報洪水が押し寄せてきました。自分の判断で、自分で考えること、自分の感覚で快楽を求めること、一方では、孤独感から、友人と寄り添っての生活、このような時代の中に、若かったからか何かを求めて、さまよっていました。

 働いてからは、単純な生活、ドライブ、結婚、子育てと体制の中で約20年の人生を歩んで、ふと我に返った時、また昔の記憶と刺激が蘇ってくる中で、トランスに出会いました。

After that, a stimulative information flood is surging in the Vietnamese anti-battle, the student movement, the disco, the freedom, Indian music, the jazz, my generation.

It met a trans while an old memory and a stimulus revived again when it went through about 20-year lives in the simple life of living that it gets married, and the inside of the system and it was returned to me suddenly after it worked.

 単純なリズムの中に、さまよう音響、刺激的な音色などがとめどなく進んでくるトランス、この音楽は、90年代初頭にドイツの南部で発祥したといわれています。

 そのサウンドの特徴は4拍子のリズムの上に高速で流れるシンセサイザーのメロディーというのが基本で、やがてインドや他のヨーロッパ各地で一大ブームとなり、「サイケデリックトランス」や「プログレッシブトランス」といったように他種の音楽を貪欲に吸収し、トランスムーブメントとして広がっていったそうです。

 

 一方では、若者のドラッグと結びついて、爆音のトランス音楽が鳴り響く中、ドラッグでラリりまくる楽しいパーティー、RAVEと呼ばれています。

 呪術的などろどろした音響空間の中に展開のようなものはなく一直線に進む、純粋快楽としての音、よけいなメッセージも物語もないこの純粋快楽、リラクゼーションや癒しにつながるのです。それは瞑想状態にも似ています。

 シンセサイザーが創り出す音の拡がりと、リピートされるメロディーラインにより、ある種の到達感を得ることができる。それがトランスという音楽です。 

 

As for the characteristics of sound, it is a basis to say the melody of synthesizer which it flows at high speed from onto the rhythm of 4 time.

It is being called the pleasant party which rolls up with the drug, RAVE on one side young man's drug connect transformer music explosion ring.

It can get a kind of feeling of the arrival by the melody line that it is repeated with synthesizer.

   << Back Index >>  <<NEXT>>

 

Counter