WhyThailand?

WhyKohsamui  Japanese only

Go Samui
Samui Day 1  
Samui Day 2
Samui Day 3
Samui Day4-1  
Samui Day4-2
Last Day 5
GoodByeDay  Japanese and English

FullMoonParty

Koh PhaNgan

Full MoonParty

The episode 1
The episode 2
The episode 3
The episode 4
The episode 5
The episode 6
The episode 7
Thai English Japanese and English

CopySoft
Thai Japanese only

ついに最後の日となりました。

タイのサムイ島へ  24th  Sep  2002  (All Japanese)

空港から

到着ターミナルには、数人の観光ガイドが、ツアー客を待っています。

ホテルを予約した窓口です。ここで予約すると、日本の旅行社でホテルクーポン買うより安い金額で宿泊できます。
それは、旅行社のマージンがないためで、また直接ホテルで交渉すると、まだ安くなるそうです。
 

9月24日

(クリックすると大きな画像で見られます)

 空港のトイレ 男性用は、ヨーロッパ式ではなく、アメリカ式のもの。足が長くないと上手にオシッコができない。子供や背の低いひとに合わせていません。

ホテルでも朝うるさかった  インドハッカも見送りにきています。


のんびりしたツーリストポリス。そして、荷物の検査場所もこんなふうにいらいらした職員はいません。

30秒くらいで、空港の様子をデジカメのビデオ機能で撮影しました。

 しかし、搭乗続きをするとき、しっかりと400Bの空港オリジナルタックスを取られました


  搭乗待合室では、インターネットに接続したパソコンが一台あり、自由にメールを遅れます。私も待っていたのですが、長いメールを打っている利用者がいて、出来ませんでした。そして搭乗時間となりました。

 遊園地のようなバスに乗って、このように搭乗です。日本人の若い女性のツアー客が10人くらい、やはり群れを作って乗り込んでいます。80人くらい乗れる、プロペラ機でした。スチュワーデスの 制服の紫色が目に焼きつきましたので、このページのその色を多く使っています。

 飛行機内では、パソコンが禁止されているため、バンコクドンムアン空港でビアシンを飲みながら、これをまとめています。

 おしまい。 BYE BYE あとは、MY SERVERに接続して送るだけでこのページは完成です。使用したノートは、バイオSR1です。ソフトは、フロントページXP、カメラはサイバーショット,全てSONY製となっていました。

<<BACK HOME>>