WhyThailand?

WhyKohsamui  Japanese only

Go Samui
Samui Day 1  
Samui Day 2
Samui Day 3
Samui Day4-1  
Samui Day4-2
Last Day 5
GoodByeDay  Japanese and English

FullMoonParty

Koh PhaNgan

Full MoonParty

The episode 1
The episode 2
The episode 3
The episode 4
The episode 5
The episode 6
The episode 7
Thai English Japanese and English

CopySoft
Thai Japanese only

タイのサムイ島へ  21th  Sep  2002  (All Japanese)

 21日土曜日になりました。

今日は満月フルムーン、このフルムーンパーティは別のページで紹介しますので、この日の出来事を書きます。

9月21日

サムイのホテル、バンガローを紹介します。

 サムイのラマイビーチにあるホテルは、椰子の木より低い建物、高くても3階程度で、海岸にはベンチがあり、オープンになっている所が、ホテルのレストラン兼、バーです。その横や後ろにプールやバンガローが独立して建てられ、道路に面したところに、フロントの建物があります。 (初日のページの下に写真がありますので、ご覧ください)初日のページに戻る

 昨日の夜、フルムーンの前日ですが、夜は砂浜にシートを敷き、小さなテーブルで、横になったり寝ながら、食事や、ビールなどを飲むことができるようになっていました。ほぼ満月の月が雲に隠れたり現れたり、海に反射する光が非常に美しく、また、ボーとしてしましました。やはりサムイは、高級ホテルではなく、このタイ式の自然なホテルが自分に合うように思えます。

9月のフルーツを紹介します。

ホテルからすぐ近くの屋台でフルーツを買ってきました。

 ピーマンのような形のものは、タイ語でChomphu pa 何回聞いても、聞き取れない名です。りんごのようにさくさくしていますが、甘くはありませんでした。

 ブチがある小さな梅のようなフルーツは、ランサットと呼ばれています。皮をむくと、みかんの様な袋が入っていて、ベトッとして、大変甘いです。

 黒いナスのようなフルーツは、果物の女王といわれるマンゴスチン、でも名はマングッと呼んでいました。赤い厚い皮の中に白い実がみかんの様に入っています。昔、赤い皮を間違って食べた時、その凄い渋さに驚きました。実は、とろりとして、上品な甘さのものです。

ブドウは説明しません。スイカの種はツマミです。5バーツで買ったものですが、種をつぶして、から揚げにしたもので、2〜3粒食べましたが、やはり硬い硬いで鳥のえさになってしまいました。

  サワディー カップ 朝といっても10時過ぎいつもうるさい鳥がやってきます。名はCommon Myna 和名はインドハッカ、九官鳥の仲間です。スズメより少し大きい鳥でプーケットでも、街中いたるところでみられました。人なつっこい鳥のようで、ハワイではインドから害虫駆除のため、持ち込んだくらい人間を共存している鳥だそうです。

朝、ベランダでうるさくガーガー騒がしいので調べてみました。


<<BACK NEXT >>