フーコックの空港 

飛行機は双発機で、60人が搭乗、まだ体が暑さになれていない中、荷物を待っています。



荷物が来るまでに約30分くらい掛りました。ほんとうにのんびり作業をしているんだと、その作業風景に見とれてしまいました。この高い気温、湿度では、少し頑張ると汗だくになってしまいます。ゆっくりした動きが、暑さの中を過ごす方法なのかと考えてしまいます。
 いらいらした人がいないのがベトナム人の特徴なのか、前日のコリアンエアーの乗客の朝鮮半島の人たちとは、どうも大きく違うように見られ、安心しました。

フーコック島は人口が8万人くらいと聞き、今回のこの飛行機に搭乗してわかったことは、観光客のほとんどが現地ベトナムの人、外国人は少なく、この時の飛行機でも3カップル程度しか搭乗していなかった。

ホーチミンからフーコック島までは、この飛行機で約1時間くらいでした。
今回利用した6月は日2便が飛んでおり、航空券は、現地では片道500,000ドン、4000円くらいで、日本のエージェントでの予約はその3倍くらいの価格になります。
 この日も天候のため1時間くらい遅れて出発しました。
帰りは、2時間30分も出発が遅れ、欠航かと心配になりました。





ホテルは、空港での看板のデザインが良かったので、このトロピカーナリゾートに決め交渉。宿泊料は1泊US25ドルで、ガーデンビューのバンガロー、海は風が強いので、今シーズンはよくない、雨が入るとのことを聞きながら決めました。

次のフォトギャラリーのページでは具体的な島の様子やホテルバンガロー、食事などを紹介します。

   Next page

 

フーコック島の地図は空港でもらいました。
 空港からホテルのある場所まで2~3キロです。
 大きな地図(約1メガの画像です)
グーグルマップでも調べましたが細かい画像はありませんでした。