ウドーン・ターニー
   滞在記

 すこし気になったのが、タイにしては若者が少ないかなという点です。街中では、いがいと高齢者が目立つまちです。

1.到着、ホテルへ
2.ウドンの朝
3.ホテルから散歩
4.町の見たまま
5.仏教のにおい
6 唯一のデパート
7ウドンの食べ物1
8交通事情
9ウドン静かな夜
10レストラン
11ウドンの市役所
12街角散歩
13Gallary

 タイの東北地方は経済的にはあまり裕福でないといわれています。人々の服装もを見るとたしかにオシャレはしていないし、豪華な建物もあまりありません。またウドンには、日系の工場もないし、日本人も住んでいないと思われます。
 バンコクだったら日本語で話しかけてくる怪しい人も多くいますが、ここでは、観光客がいない場所のため、一度も日本語を聞くことはありませんでした。
人々の大きな声は聞こえないし、車の警笛も聞こえない、バイクの騒音もない本当に静かな町だなと感じました。

 今まで旅行した観光地では、どこでも日本人に会うことがありました、ウドン行きの飛行機でもそんな旅行者は、一人もいませんでした。
 トゥクトゥクでも料金をぼったり、買い物でも値段が交渉ということもありませんでした。また、タクシーは一台も走っていません。空港でもタクシーは、ダブルキャブトラックでしたし、アンドンの付いたタクシーはウドンには一台も無いのでしょう。
 かつて、米軍基地があったといわれていますが、その名残と思われるものは、見つけることができませんでした。
 

320*240
 
260*160