初めての台湾  (交 通)

台北中正国際空港から台中へ

 到着は、午後7時(日本時間8時)、ちょうど4時間の旅でしたが、少し昼寝をして、機内でイミグレーションカードを記入し食事していると、もう到着のアナウンスでした。直行便はほんとに早いなーと実感しました。

 中正国際空港のターミナル2に到着、簡単な入国審査(質問は何も無し。英語か中国語または日本語で聞かれると期待していましたが、ガッカリ)を終え、バゲッジを受け取り、早速トラベルインフォメーションへ行きました。

 まったくバスやホテルを予約していなかったので、初めに、台中行きのバスを尋ねると、このターミナル2のバス停からは20分間隔で出ているとのこと。

 バス停に着くと、台中までのバスが待っています。先に250元(ニュー台湾ドルという)のチケットを購入し直ぐ出発しました。

 バスは約2時間30分、午後10時30分に台中に到着。

 バスから見えた台中の町並みの中、名物のお菓子、太陽堂の看板が目立ちます。街角のほとんどにこの明るい看板があること、これが第一印象となりました。

 
バスはちなみに、こんなリムジンバスで、定員24名程度のものです。約200kmを高速道路を経由し、約2時間で走っているものです。(トイレつき)

 日本の九州ほどの小さい国台湾では、高速バスが発達して、料金も電車より半額くらいと安いそうです。
 この日は写真が暗くて撮れなかったが、台中から台北のバスは写真がありますので、そのページをごらんください。