6.台北駅横の国光バスターミナル、ここから中正国際空港へのバスがでます。飛行機は11時初なので、8時のバスにのると9時ごろ空港に到着します。
 ここ数年いつもエバー航空を使うので、バスもいつもと同じこのバスの利用になります。もう一度旅をして、またこのバスに乗るかもしれません。時間に
  追われないゆっくりした中で、旅を続けることができたら、この光景は、時間の一こまかも知れません。




空港は第2ターミナル、エバー航空はここから出発します。いつも感じることは、台湾の人たちは、もしかしたら日本人より静かかもしれない。空港の雰囲気は、
田舎の日本の空港という雰囲気、アラアラさが無く、穏やかで、緊張感が感じられない。とってもすばらしく、ゆっくり休んで待つことができる気分になります。
台湾の日常は、のんびりした中で、経済発展してきたのであろうか、大陸の人々とは、大きく違い、日本のルーツのようにいつも感じます。


この二人は、夫婦か恋人同士だろう。自然な雰囲気がとってもすばらしい。



こんな光景は、30年前の日本の駅の雰囲気、タイムスリップしたような懐かしい思いが蘇ってきます。名所旧跡、や買い物などのツアーではなく、
知らない町で、時間にまかせて過ごしてみる、忘れたものを思い出すこんな旅は、この台湾が1番かもしれません。