クアラルンプールで乗り継ぎ ペナンへ

ペナンへ出発

 

 クアラルンプール国際空港の国内線は、少し間違いやすい場所にある。
 国内線への乗り継ぎは、国際線到着ゲートから、階下の降り簡単なイミグレーションを通り、このような搭乗ゲートに行くことが出来る。
 午後10時の最終便であったため、乗客は少ない。



 静かに待っている姿は、日本と同様で、初めてのマレーシアは良い印象が持てた。

 
    マレーシア航空の搭乗窓口では、このようなコスチュームの職員が、受付を行っていた。 若々しい彼女を、撮影した。クアラルンプール・ペナン便に乗る人は、是非彼女を見つけてください。
 
 

 

ペナン空港から、ホテルまでは、深夜であったため、慌しく、両替、空港タクシー、ホテル到着とのんびりは出来なかった。

 部屋のバルコニーに出て、やっと、むっとする熱帯の暑さを感じた。
 水銀灯ではないナトリウムランプのオレンジ色の夜景がまぶしい。