自転車も道路の主役
危険だと差別されていない。

今回利用した目リキュールホテル

ホテルのレストランのウエートレス
日本語が少し話せました。

夕方の交通渋滞
mp4ファイルなので。動画としてご覧ください。このすざましさもハノイの名物です。youtubeにたくさん動画がアップされています。

 

 

 


2度目のクリスマス


 クリックしてアップでご覧ください。ハイネケンに赤い星が付いていることが、ベトナムの星なのか、うれしそうにポーズしてくれたことが印象に残りました。

警察(コーアン)と市場のカラフル野菜



すごいバイクの渋滞の中、コーアン(警察)は取締をしていました。ベトナムは警察が機能しているので安心できます。社会主義の伝統として、賄賂などもあると思いますが、他のアジア諸国よりはだいぶましだと聞きました。写真を撮ったら取締を受けていたおじさんが指をさりて何か言おうとしているのか、警察はニコニコ顔でした。


.

カラフルな豆、米などの穀物、野菜など。写真にすると匂いは感じられないが新鮮さが感じられると思います。ベトナムの市場の風景でベストアングルとなりましたので、この写真をトップバーナーにしました。

大きなエビの海鮮料理

ローカルな海鮮料理を食べようと入ったレストラン、30センチはあろう大エビが泳いでいたのでこれを注文しました。野菜と一緒の鍋料理、一人では食べきれない量で、大満足。ただし値段は400,000ドン(2000円)くらい少し高価だった。店名はあえて申し上げません。


大きなエビは、ラブアン島以来でした。、このエビは超大型ボタンエビ、伊勢海老の系列のものは、甘味が少ないのこちらのほうがやはりもっと上等な味です。昨年のベトナムブンタウではシーフードレストランで、大きいロブスターを食べたのでベトナムのシーフードはこれでやっと2回目となりました。 ブンタウの伊勢海老


 

美女のパレード

ハイネケンのビールを宣伝するクリスマスパレード

ベトナム美女たちは喜んでポーズしてくれました。




若い彼女たちは、資本主義にやはり毒されています。迫撃砲を撃った彼女たちの親とは違う世代なのだろう。

日が暮れて



夜は街灯が暗いため、急に静かになります。しかし路上の屋台では、夕食を食べる人であふれていました。


ドンスアン市場

時間があったので、ハンザ市場に行きました。写真のとおり工事中、来年オープンするとのことだが、綺麗になったら歴史を失うような気がします。

ドンスアン市場までは徒歩で20分くらい。ごみごみした道をゆっくり歩きました。




 

旧市街とコーヒー




こんな人々の間を抜けて、カフェでひと休み。練乳がたくさん入ったベトナムコーヒーはビアホイと並んで名物なのだろう。

周辺散歩

歩いてホテルまで帰る途中、タイ料理の店を発見した。少し小奇麗で、このタイチャーハンを食べました。また、となりの路上でとっても綺麗なアオザイを着た女性がおりました。

大劇場の方向に間違って行ってしまいました。ちょうどホテルと反対方向なので、ここからタクシーでホテルに戻りました。

バイクにたくさんの鶏を積んで走っている姿、これもカラフルな色、新鮮な感じがしてあわてて写真に撮りました。
トラック輸送ではなく小さなバイクで物流が行われていること、一般ではこれが普通のことのようです。