Header image  
タイのウボンラチャタニーからラオスのパクセーまでの国境越えとパクセーの情報
 
line decor
 
line decor
 
 
 
 

 
 
ウボンラチャタニーを目指して

 ウボンラチャタニーはタイのバンコクから600キロ以上も離れた町、ここからラオスへの国際バスが出ています。今回は、バンコクからウボンまでタイ・エアーアジア航空を利用して行きました。
このエアーアジア航空は、格安航空券をネットでのみ販売している会社で、タイ航空の半額以下の料金で利用できるので今回、ネットで予約しました。
バンコクの往復は千歳からコリアンエアーを利用したので、国内便は、別予約となり、旅行会社にたのまないで自分で予約しました。予約は意外と簡単会員になりIDとPassをもらい、それで搭乗便を予約すると、すぐメールで予約券(e-ticket)が送られてきます。料金はカードで支払うので本当に簡単です。(URL http://www.airasia.com/site/en/home.jsp

チケット01
航空券の予約コードM8FLAVとパスポートで搭乗できました。
チケット02
ちなみに料金はトータルで2223バーツ(この時のレートで約8000円)でした。

 

 
 

 

エアーアジアの発着はバンコクではスワンナプーム国際空港のみ
今回は2年ぶりのバンコク空港、旧国際空港であるドンムアンはローカル空港になったと聞いていたので、エアーアジアの発着も旧空港と思ってました。
 バンコクに深夜着いたため、ゆっくりのホテルで朝寝坊し、14:05発の便、11時30分にホテルをチェックアウトして、12時30分にドンムアン着、広い空港、空港職員に聞くとエアーアシアはスワンナプーム発、下の空港バスで行きなさいと言われました。.

ドンムアンからスワンナプーム空港へ
ドンムアン空港からスワンナプーム空港へはバンコクを中心として反対側、約40キロはあるはずだ。
空港バスでは1時間かかるとのことでたぶん間に合わない。
 汽車や長距離バスでウドンまでは12時間くらいかかるが遅れたのでしかたないとあきらめかけて、空港バスの前のタクシーに聞くと「ノープロブレム、30ミニッツOK」と自信たっぷりに答えてくれました。
料金は、高速道路代を含めて500バーツとのこと。

バンコク神風タクシー
タクシーの乗ったのは12時50分、高速道路を3本乗り継いで時速140キロで走りました。到着したのが13時20分、本当に間に合いました。運転手はにこにこしながら荷物を下ろしてくれました。airasia
(エアーアジアは赤く派手な色合い)