Header image  
タイのウボンラチャタニーからラオスのパクセーまでの国境越えとパクセーの情報
 
line decor
 
line decor
 
 
 
 

 
 
ウボンラチャタニー到着

airportUbon
 ウボンラチャタニー空港はローカル空港なのに少し大きい空港でした。スワンナプームから約1時間で到着しました。
航空機


 飛行機はB737かなり古い機体である。席は全席自由席で、ビニールシート張りです。

まち
ウボンは幹線道路の交通量が本当に多い。横断するのが一苦労するほどの町でした。

カウンター
 右側にレストランがありそこからの匂いが全体に充満していました。

 

エアーアジア
 一昨年はウドンタニーにタイ航空を利用しました。綺麗な機材でわずか1時間の搭乗でも食事サービスがあった。ただし、航空券は往復当日券で、2500バーツ約2倍に金額でした。
 エアーアジアは半額、どっちが良いかは分からないが、
機内はローカルなタイ人ばかり、さらに女性ばかりが目に付いた。たぶん7割以上の乗客は女性?と思えました。
飛行機2
. 脱出の案内はビデオではなく直接説明していました。
(古い機体のためスクリーンがない-懐かしく思いました)
飛行機の中

空港からはタクシーでネバダグランドホテルへ
 空港で、6月の旅行時に余ってもっていた米ドル300ドルを両替した。9900バーツになった。このすぐ横で空港タクシーとホテルを決めました。地球の歩き方に載っている「ネバダグランド」にしました。

ウボンは意外と大きい街
 タクシーで5分ホテルに着いた。 空港から3,4キロだろう。テスコロータスまで行きそこでUターンして到着、思ったよりこぎれいな大型ホテルでした。
ホテル
(ホテルの外観)
 ホテルの中は、プーンとナンプラーとミントの匂い。ローカルな香りです。